FC2ブログ
イメージ療法
問題が過去に起因していると感じていない場合や、
すでに過去退行催眠をお受けになって、
原因が分った後に用いる方法です。

明日、来週、来月など、近い将来に
理想的な自分としてふるまえたイメージを
催眠状態で体験してもらいます。

自分はこうなりたいんだ!なるんだ!という
強い意志を持ってもらうことで現実を引き寄せます。

催眠状態で体験したことは、潜在意識に
すり込まれますので、現実に体も心も反応します。

非実現的なイメージやご自身が望んでいないことは
決して実現化しません。

イメージ療法1回でご自分の波をつかんで
そのまま理想を現実に留めることができる場合も
ありますが、数回繰り返すことが必要な場合もあります。

数回繰り返す必要がある場合には、
1週間後、2週間後、1ヶ月後、と間隔を開けて行い、
徐々に自信をつけていくようにします。

テーマ:自己啓発 - ジャンル:心と身体

【2009/02/19 11:56】 | ヒプノセラピーの説明 | page top↑
| ホーム |