FC2ブログ
10月のSSUヒーリング会の様子です。
お菓子10月

昨日開催されたSSUヒーリング会の様子をお伝えします。

お菓子はアップルパイ、かぼちゃムース、ココアピスタチオクッキー、かぼちゃソフトクッキーです。
全て植物性原料のみ甘さ控え目で作っております。


テーマの「禁断の…」と言えば何のこと?と聞くとやはり不倫のイメージが強いようでしたが、
実は高校の時の教師と付き合ってました!なんていう方もいましたし、
人に言いたくても言えなくてウズウズしていることのこと、と言う方もいました。

今までの参加者では最高齢の65才の方もいらっしゃいました。
最高齢とはいってもすごくかわいらしくて現役女子な方です。
その方のお話はみんなをすごく勇気づけてくれたと思います。
60代になっても新しい恋しちゃうし、愛されちゃうよ!


妻たちが目覚めた快楽セックス (文庫ぎんが堂)妻たちが目覚めた快楽セックス (文庫ぎんが堂)
(2014/07/10)
加藤文果

商品詳細を見る


文果さんサイン会

ご招待客の文果さんは官能小説家・ルポライター。
みんなに著書「妻たちが目覚めた快楽セックス」を下さってサインもしてくださいました。
そんな文果さんにズバリ質問!

「官能小説家って悶々と溜めて溜めてその思いを文章にぶつけて良いものが書けるって本当ですか?」

答えは「本当」らしいです。そういう方が多いのですって。
リア充な人は書くモチベーションが無くなっちゃうらしいです。
でも熟練してくれば技術で書けてしまうという場合もあるそうです。

「忘れられない恋は?忘れられないセ・ック・スは?」
という質問ではみんなの遍歴がポロポロと出て来ました。

・学生のころに付き合ってた彼の実家に毎日通ってセ・ック・スしてました。彼が三浪したのは多分そのせい。
親に反対されて別れたけどずっと謝りたいと思っていたら、FBで出会って向こうもそう思っていたことが分かりました。

・最近恋して久しぶりにセックスもしてすっかりはまっていたのに実は奥さんがいる人だと分かって家族に反対されたので別れました。

・今はレスですが、一番良いセ・ック・スも悪いセ・ック・スも相手は旦那でした。

・寝ていた時に彼に迫られてセ・ック・スした時が一番気持ち良かったのだけど、寝ぼけて前の男の名前を呼んでしまいました。

・今までの恋愛もセ・ック・ス全て忘れられない

などなど、要約するのがもったいないくらい濃厚なお話だったのです。
フルストーリーでお聞かせしたい!


不倫についてのお話もたくさんしました。

・今まで不倫反対派だったのですが、30代で初めてそういうことになり、体の相性も良くて、不倫だからこそ盛り上がる気持ちも分かるようになりました。

・性的な意味だけでとかセ・ック・スするとは言っても嫌な相手としたい訳じゃないし、個々に色々な背景があって一般化できるものではない。

・旦那としかセ・ック・スしていませんが子供たちに隠れてコソコソしていると不倫のような気分で盛り上がります。

これもフルストーリーで聞いてもらわないと伝わらない気がする…


そして、みんながいい感じに飛び火して少しそれた話題も出ました。

・ハプニングバーで性病うつされることはよくあるから気をつけて。

・3P(女性1P男性2P)することになったのだけど、2人共に同じ事を同じくらいしてあげないと失礼な気がして疲れちゃったから、気を使わない相手を選んだ方がいいです。

・アナルプラグにはまっています。他にもパートナーにあのグッズを買っておくようにとか言われて用意してます。

いかにも禁断な話題なのだけど、腫物に触るような感じじゃなくてお腹の底から話をしているから不思議。
参加者みんながそんな雰囲気を作り出してくれたのです。


ヒーリングセッションでは寝ちゃった人続出。
起きてた人は前回とはまったく違うイメージが出てきたーと楽しんでいたようです。


ラブコスメ10月

今月の参加者プレゼント、LCラブコスメさんからは

・映画ラブクラフトガール&メイキングのDVD LCの人気漫画が映画になりました。
プエラリアボディバター ラベンダー いつ触れられても準備OKのやわ肌へ


ラブチャームス10月

ラブチャームスさんからは
キッサブル ボディシマー キャンディピンク 舐めてもOKのキラキラボディパウダー
フェロモン入りクリームのサンプルも フラティリトルシークレット ルシアスボディクリーム 


過去の参加者も参加して飲み会でも潰れちゃった人が続出。
気が緩んじゃう雰囲気になったのだと思いました。
今回は特に安心感のあるグループとなりました。

ではまた来月みんな来てね!
【2014/10/27 16:26】 | 過去のセクシャルセンスアップ(SSU)ヒーリング会の様子 | page top↑
| ホーム |