FC2ブログ
副人格療法
なにか欲しいものを見て、「これ欲しーい!」と思う気持ちと、
「いやでも高いし、本当に必要かな?」と思う気持ちがある。

子供っぽく甘えたい自分もいれば、
大人らしく気丈に振舞いたい自分もいる。

自分の悩みは?と言われても、仕事の悩みもあれば、
両親との確執もあれば、性の悩みもある・・・。

人の心の中には何人もの人格が混在していてせめぎ合っています。
一つ一つをバラバラの人格として扱い、意見を聞いたり、
話し合いをしてもらったりするのがこの療法です。

問題の原因が複雑に絡み合っている時や、
何から手をつけたらいいか分からない時などに
おススメしています。

優先するべき事柄がハッキリしたり、
関係ないと思っていた事柄が実はつながっているのを
発見できたりするだけでなく、自分の中身を整理整頓することで
スッキリした気分になれますよ。

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

【2009/02/20 23:12】 | ヒプノセラピーの説明 | page top↑
ヒプノセラピーの手法って?
ヒプノセラピーで行うことは大きく2パターンに分けられます。
スッパリとどちらかだけではなく、両方の方法を
使う必要がある場合がほとんどです。

一つは退行催眠などで用いる、
クライアント自身が潜在意識の中を探る方法です。

催眠状態では潜在意識との行き来が楽にできるために
心に眠っているたくさんの情報を引き出すことができます。
自由に連想しているようですが、潜在意識が
今のあなたに必要な場面を選び、
そこへ連れて行ってくれるような感覚です。

自分自身から必要な情報を引き出し、学ぶのです。
この場合はセラピストはクライアントの意思に寄り添い、
もたらされる情報を取材するような姿勢をとります。

もう一つはイメージ療法などで用いる
潜在意識に暗示を与える方法です。

催眠状態にある場合、小さな子供の頃と同じように
外からの情報が影響しやすくなっています。
これはセラピストの良心を試される時でもあり、
クライアントとセラピストの信頼関係がないと
良い結果はもたらせません。

潜在意識はとても素直な子供だと思ってください。
なので、問題点について「そうじゃないよ、こうだよ。」
と教えてあげるととても素直に聞き入れます。

ただし、顕在意識が完全に眠っているわけではないので
あなたが嫌だと思うことは跳ね除けることも出来ます。
顕在意識も同意できる事柄しか聞き入れることは出来ません。

なので、暗示で改善させていく方向性の場合は
事前にどういう暗示が必要かよく話し合って決めます。
またはその場で潜在意識に何が必要かを問う場合もあります。

顕在意識では「本当に変わったのかな?」という感覚が
残っている場合は多いのですが、潜在意識に聞き入れられた情報は
驚くほど深く刻み込まれていることを知ることになるでしょう。

催眠ショーで行われているような、おかしな暗示をかけられる
ような心配は全く不要です。あれはあくまでもショーと出演者です。




テーマ:潜在意識 - ジャンル:心と身体

【2009/02/19 17:17】 | ヒプノセラピーの説明 | page top↑
催眠状態ってどんなもの?
催眠状態とはなにも特別な状態ではなく、
人は一日に何度も催眠状態を体験しています。

眠る直前や起きたばかりで半覚醒状態の時、
運転や映画などに夢中になって、周りが見えていない時、
など、普段起きている時に使っている部分の脳(顕在意識)が
ほとんど休んでいて、潜在意識が活発化している状態を
変性意識状態(催眠状態・トランス状態)と呼びます。
深い瞑想に入れた時や夢を見ている時にも近い感覚です。

ヒプノセラピーでは、セラピストの誘導により、
意識的にその状態へ移行します。

すると、普段はなかなか注意を向けることが出来ない
潜在意識、または稀に集合無意識(超意識)へのアクセスが
楽にできるのです。

通常人間が自在に操れるのは顕在意識だけですが、
それは、意識領域の5~10%にしか過ぎないと言われています。

潜在意識(またはさらに深い領域)にはとてもたくさんの
情報が蓄積されていることになりますね。

テーマ:潜在意識 - ジャンル:心と身体

【2009/02/19 17:17】 | ヒプノセラピーの説明 | page top↑
ソマティックヒーリング
アメリカのデイビッド・クイグリー氏が提唱する
催眠を使ったヒーリングの手法の一つです。

体の問題の原因を探ったり、イメージの中で取り除いたり、
インナーヒーラーと呼ばれる「内なる医者」を呼び出し、
アドバイスを聞いたりします。

子供が欲しい方の場合、未来の子供に話を聞き、
呼ぶ準備をしたりもします。

また、複数のセラピストが協力して行う方法では、
みんなに細胞のわがままを聞いてもらう、
認めてもらう、世話をやいてもらうというような
体験をすることで、体調の改善を目指します。

テーマ:セラピー&ヒーリング - ジャンル:心と身体

【2009/02/19 13:08】 | ヒプノセラピーの説明 | page top↑
イメージ療法
問題が過去に起因していると感じていない場合や、
すでに過去退行催眠をお受けになって、
原因が分った後に用いる方法です。

明日、来週、来月など、近い将来に
理想的な自分としてふるまえたイメージを
催眠状態で体験してもらいます。

自分はこうなりたいんだ!なるんだ!という
強い意志を持ってもらうことで現実を引き寄せます。

催眠状態で体験したことは、潜在意識に
すり込まれますので、現実に体も心も反応します。

非実現的なイメージやご自身が望んでいないことは
決して実現化しません。

イメージ療法1回でご自分の波をつかんで
そのまま理想を現実に留めることができる場合も
ありますが、数回繰り返すことが必要な場合もあります。

数回繰り返す必要がある場合には、
1週間後、2週間後、1ヶ月後、と間隔を開けて行い、
徐々に自信をつけていくようにします。

テーマ:自己啓発 - ジャンル:心と身体

【2009/02/19 11:56】 | ヒプノセラピーの説明 | page top↑
| ホーム | 次ページ