FC2ブログ
性的な行為に執着する自分を卑下してしまう…K.Nさんの体験談
セラピーで気付かれたことを真摯に受け止めていらっしゃるのがよく分かります。
詳細な体験談を書いて下さり、感謝いたします。

K.Nさん 20代 男性
ヒプノセラピーフルセッション体験談(2015年4月)

悩みは自慰行為、性行為に対する執拗なまでの執着と、そうした自分への嫌悪感、自己を卑下する意識のスパイラルから抜け出せないことでした。
 仕事や生活でのストレスの解消が性的なものばかりに向いてしまい、毎日のように自慰行為を行い、時には月給以上の額を風俗に注ぎ込むこともありました。にも関わらず、生身の女性との触れ合いでは感じることはできず、小~中学性時代に初めて性的興奮を覚えたTVゲームの女性キャラクターで自慰行為をしたりしてしまうことが長年続きました。次こそは生身の女性で感じることができるに違いないという強迫観念と、非現実の女性に性的魅力を感じてしまうことに対する嫌悪感が意識を追い詰め、仕事中や生活の中で頭を締めつけられるような感覚、胸に穴が開いたような焦燥感に日々襲われ、抜け出せずにいました。この頃は、自分のやっていること全てに意味を見出すことが出来ず、性的な行為や意識のみが生きていることを感じていると自分で思い込んでいた事が一番怖かったと、今となっては思います。
 
 そんな中で水瀬さんのセラピーを知り、治まりのつかなくなった自分を整理したいと思いヒプノセラピーを受けました。前述の経緯を聞いた上でセッションを開始してくださいました。白いソファに横たわり、膝に暖かな毛布をかけ、目を閉じ、耳に心地良い音楽を聴きながら、私は導かれるまま潜在意識を探る旅を始めたのです。

 初めは暗くて何も見えません。無理に意識をしても暗闇がさらに深まるばかりでしたが、力を抜き、呼吸を落ち着かせると、うっすらと温室が見えてきました。プランター3列に植えられた、どこかで見覚えがある緑の草花が生き生きと育っています。外には何があるのか分かりませんが光が溢れています。温室内は水滴が滴るほどの温度と湿度ですが、暑さも不快さも感じず、靴踏みしめる柔らかな土の感触と、緑の美しさを感じていました。
 
 温室を出て心のもっと深い部分に降りて行くように誘導されました。温室には出口はありませんが、光と緑とやわらかな感触は蜃気楼のごとく一瞬にして消え去り、目の前には手すりのない真っ黒な階段と、果ても底も見えないし感じられない空間が広がっていました。一段ずつ足を降ろしましたが、最後の一段まで差し掛かった時、階段の先には床や地面はなく、どこまでも暗闇が続いている事に気づきました。すぐにでもセラピーを中断したくなるような禍々しい光景のように感じるかもしれませんが、不思議と不安は感じませんでした。「信じて飛び込まないことには先は見えないのだから」と思い、私は足を踏み下ろしました。

 「そこには何が見えますか?」水瀬さんは私に聞きました。徐々にイメージが広がってゆきます。そこは書斎でした。奥には立派な机と黒い椅子、真ん中には膝ほどの高さの机とソファがあり、周りには本棚があるようです。カーテンを通して外の明るさが伝わってきます。そして水瀬さんに「嫌かも知れないけど、あなたが感じる頭を締めつけられるようなあの感覚を思い出してください」と言われると、感覚自体よりもそうした状態になった場所の風景が先に蘇ってきました。職場、自宅アパートの部屋、電車の中、普段歩いている道。その後、本棚の戸棚を開くと、分厚い百科辞典がアルファベット順に並んでいます。レンガ色の革の表紙に金色のアルファベットが1冊に1つ書かれており、「R」の辞典を取り出して開くと、目にしたことのない文字が書かれていました。写真や絵を掲載している枠があり、その中の写真は様々なものに変化していました。一番はっきり見えたものは、朽ち果てた遺跡の前に佇む獅子のような石像でした。目の焦点は左右バラバラで、口は私を嘲笑するかのように引きつっていました。そして、私はその石造の写真の中に飛び込んだのです。
 
 うっすらとした明かりの中、私は遺跡の中にいました。そして目の前には全身黄金に輝く20m以上の巨大な蛇が蜷局を巻いて私をじっと見据えており、私と見つめ合いじっとしていました。蛇はゆっくりと頭を下げて、鼻先を優しく私の胸に押し当ててきました。私も蛇の頭にゆっくりと手を触れます。私は「安心と信頼」を心から感じていました。この蛇とは言葉が通じなくても分かり合える、お互いを必要としていて、一緒にいれば不安なことなど何もないとさえ思いました。「こんな感覚が前から欲しかったんじゃない?」水瀬さんは言いました。普段ならこんなことを聞かれても恥ずかしがって答えをはぐらかすでしょうが、催眠の中では感情が素直に溢れ出し、涙を流していました。私は蛇の額を両手で撫で、頭から尻尾の先まで手を触れながらゆっくりと歩きました。蛇の肌は冷たく、鱗で覆われザラザラしていましたがその全てを私は受け入れていました。そして蛇が再び頭を上げて私を見つめると、言葉ではない意志を読み取ることができました。「私(蛇)を遺跡の外に連れて行きたいかもしれないが、君は一人で帰るべきだ」と。

 蛇と離れたくなかったので、自分が普段住んでいるアパートへ連れて帰ろうとしました。すると、視界が自分の部屋へ移り、窓の外はいつもの見慣れた景色が広がっています。蛇の巨体が狭い部屋の中に収まるわけもなく、身動きできず部屋中に体を圧迫させて苦しそうに私を見つめていました。黄金に輝いていた体も光を失い黒く見えます。私は焦り、後悔しました。このままでは、蛇が死んでしまう…。それと同時に、もう一つ考えが浮かびます。アパートに連れてきたこの状態を他の人に見られたらどうしようか、と(私はこの時、自分の心を落ち着かせてくれる素晴らしい相手が苦しんでいるにも関わらず、「人の目」を気にする自分を恥じました)。またあの遺跡の暗闇の中へ帰ろうと思いましたが、どうもがいても帰ることはできませんでした。

「蛇はあなたに何て言ってるの?」水瀬さんに聞かれました。先程の洞窟内とは違い、私は蛇の意思を読み取ることはできません。私のことを憎悪し恨んでいるのではないか、と想像しましたが蛇の目は穏やかに私を見つめています。
「あなたが蛇になってみることもできます」、蛇が何を訴えようとしているのか知りたかったので、水瀬さんの合図に従って意識を集中しました。すると蛇の視点になり、立ち往生している私が見えました。不思議なことに、身動き一つ取れない筈の蛇の体でしたが、息苦しさや窮屈さは全く感じません。蛇になってみると蛇が何を言おうとしているのかを感じられました。「私(蛇)はこちらの世界にいても死なないから安心してほしい」、「そんなに焦らなくて良いし、もとの遺跡に帰ることばかり考えなくて良い。私(蛇)の事を案じてくれるだけで満足だ」と。
蛇の考えを知ることができて一安心しましたが、もう一つの懸念が払拭できませんでした。他の人間にこの状態が見つかったらどうしよう、というものです。自分の友人、職場の人、家族に部屋の中の私と蛇を家族に見せることにしました。私達を見た人々からの答えは意外なもので「君らしくて良いんじゃないか」というものでした。

私は気づきました。蛇をアパートに連れてきてから感じていた事は全て、私が蛇や他の人の考えではなく自分の中で決めつけていたことであり、自分で自分に制限をかけていた、と。私は蛇に触り、蛇も初めて会った時のように頭をすり寄せてくれました。再び心の落ち着きと充足感を感じ、気付くと自室のベッドに横たわってリラックスしていました。蛇はいつの間にか部屋の中から消えていましたが、私は自分の中に蛇が与えてくれる安心感を感じていました。

催眠はここで終わり、水瀬さんが「蛇はあなたの中にある、自分らしさの象徴かもしれませんね。」と仰いました。自分で自分を押さえつけて人の目ばかり気にして、自己嫌悪し、先が見えなかった私に、このセラピーは「私らしさ」を見つけさせてくれたと思います。
幸い、セラピーを受けてからは頭痛に悩まされることはなくなりました。毎日生きていれば自己を抑えることも大事ですが、それにとらわれ過ぎずに自分を見つめ直すこと、主張することにも意識を向けながら日々を過ごしたいと思います。

催眠の中で体験したように自分らしさを見失わず、他人に対して自己を見せることを制限し過ぎなければ、必要以上に自分を追い詰めることもなくなるということだと思います。水瀬さんのセラピーを受けて、生き方のヒントを掴むことができたと思います。本当に良い体験をしました。ありがとうございました。

【2015/05/12 21:54】 | 個人セッション体験談 | page top↑
夫婦関係でお悩みのSさんの体験談
S.Mさん(30代女性・会社員)が個人セッションの感想を書いて下さいました。

書くことも自分に向き合うことの一環となるのだとおっしゃって下さいました。


夫とは結婚前から長年のセックスレス。
ある人と恋に落ち一夜の関係を持ちました。
その時素直に振る舞えなかった自分を後悔して、やりきれない気持ちになってしまう。
過ぎた恋にいつまで拘っていても仕方が無い。
その思いをどうにかしてストップさせたくて水瀬さんのセラピールームの扉を叩きました。

水瀬さんは「自分の中の本当に悲しかった思いと向き合ってみるのはどうでしょうか」と提案してくださいました。
そして「セラピーが終わってもつらい気持ちのままかもしれないし、
爽快感が生まれるかもしれないし、それはやってみないとわからない。」
と水瀬さんは付け加えました。
「セラピーが終わったのにつらい気持ちが続く」のは少し怖い気がしましたが、人間は沈むところまで沈んでしまえば自然に這い上がことができる!という思いがふとよぎったので、自分を信じてご提案のセラピーを受けることにしました。

誘導に従い、まずは自分がリラックスできる場所に行きました。
窓があって、大きな木が見える木漏れ日が差し込んでくる広い部屋にいました。
その後、「つらい思いをした気持ちを思い出せる場所に行きましょう」と水瀬さんの声に誘導され、部屋を出ました。
ドアを開けると木の階段があり、その階段を上って行きました。
上っている途中、ふらっとして何回か意識が無くなりそうになりました。
気がついたら階段は石に変わり、階段をどんどんあがると人が1人座るのがやっとなくらいの狭いスペースに到着しました。
そこで水瀬さんの「悲しい思いをしたあの場面を思い出してください」と言う声が聞こえてきました。
そして、夫と一緒に寝ていた時に、ほとんど毎晩のように
「間もなく3番線に電車がまいります」と言ったあと人差し指で私の胸をなぞられていたのを思い出しました。
また両手の人差し指の第一関節を曲げながら私に近寄ってきて
「つんつくつんつく」と言いながら私の乳首を人差し指でつついたことを思い出しました。その時夫がふざけて「イヒヒ」と笑ったのがものすごく不快に感じたことなどを思い出して、涙がこぼれ落ちました。
この事は、口に出していうのにものすごく抵抗があって、「どういう気持ちを思い出しましたか」と尋ねられた時に全部うまく伝えきれなかったのではと思います。

塔から見える空は青暗く、黄色い顔のある月がとても近くに浮かんでいて
私に狂ってしまえ、と声を浴びせました。
狭くて日のあたらない場所だからここから抜け出したい、
塔は崩れかかっているから、逃げ出すには飛び降りるしかない
でもケガをしてしまう。
どうしたらうまく飛び降りられるか質問され、
かなり長い時間葛藤しました。
葛藤しているうちに、遠くのほうで別の自分が飛び降りている自分を
見ている風景が思い浮かび、決意して飛び降りました。

飛び降りた先は草の生えた砂地でした。
全身を強く打って足を大きく擦りむいてひりひりしました。
とても痛くてしばらく動きたくなかったので、草むらの中で倒れていました。
自力では帰れないと思っていたら、「助けてくれる誰かを呼びませんか」と
提案してくださいましたので、2名の友人を呼びました。

その友人らに担架で運ばれ、治療のため入院した後、ケガが治った場面に移動しました。
「塔のあった場所に戻って、嫌だった気持ち、悲しかった気持ちを置いてきましょう」と
提案を受け、実行することにしました。
塔のあった場所に行くと、塔は崩れおち瓦礫の山になっていました。
そして白いボール紙の箱に嫌だった気持ちと悲しかった気持ちを
入れて瓦礫の上に置いてきました。
塔にいた時と同じように月が空に浮かんでいましたが、今度は何も言っていませんでした。

そして、塔に行く前にいた部屋に戻りました。
部屋中に私のものではない人形がたくさん落ちていました。
持ち主がわからないので、捨ててしまおうかなと思ったのですが
「棚に片付けませんか?」と提案してくださったので
棚を用意して片付けました。

そして、催眠から覚めました。

その後の日常生活の中で、セラピー中に思い出したこととは別の
すっかり忘れていた過去のつらい気持ちをふと思い出します。
よみがえるその思いが私をひどく悩ませますが、セラピーを受ける前に感じた「人間は沈むところまで沈んでしまえば自然に這い上がことができる!」の通り、私は這い上がろうと思います。

自分にとっては不快に感じることでも、
彼にとっては愛情表現で、その愛情を受けている自分は幸せなのだと
自分に言い聞かせていましたが、
彼のその行為は笑って許せることではなかったのです。
器量が小さい、心が狭いのかもしれませんが、
自分には受け入れられない行為だったのです。
塔から飛び降りることは離婚することの象徴なんだと感じました。

自分の内面、周りの人間関係をも見直すことができた素晴らしいセッションだったと思います。
未来を創っていくのは、気付きを得た後の行動だと思います。
しっかり歩んで行こうと思います。



個人セッションお申し込み時から、ご自身と向き合う!という覚悟を感じました。
おっしゃるとおり、これからをしっかり歩まれるのだろうと思います。
【2014/10/20 22:32】 | 個人セッション体験談 | page top↑
東京都36歳男性T.Sさんの体験記
『ヒプノセラピー体験談2011.5.27 東京都36歳男性T.S』


きっかけは「性的なことに対する罪悪感をなくしたい」というものでした。
少年の頃に自慰を始めた時からずっと罪悪感があって、終わった瞬間に我に返って「いけないことをまたしてしまった」という嫌な気持ちになってしまう。
中学生時代も自慰の話をするとバカにされてみんなの笑いものにされた友人がいたので、その友人を見てからは誰にも性的な話を相談できなくなってしまった。なんでか分からずに困ったし、自分を責めていることをやめたかった。
これまでの経緯を細かく聴いてくださり、その後にヒプノセラピーが始まりました。

初めに、自分が理想とする快適な場所をイメージしました。
そこは南の島で、リゾート地のコテージでした。

そして、先生の誘導で初めに現れた僕の人生のあるシーンは、3歳の時に迷子になっていた秀君でした。どうしていいかわからなくて、神さまに裏切られた感じで錯乱して混乱している。
先生「そうしたら、どうなりましたか?」

そこから色々なシーンへどんどん移動していきました。

その次のシーンは、生まれる前。
ウォータースライダーの上から地球を見てお母さんを選んでいるのです。
あの小さくてちょこちょこしているお母さんが楽しそうで、あんな風に動いてみたくて、そしていやっほーといってウォータースライダーを降りていってました。お母さんのおなかの中。ちょっぴり狭いけど、快適な感じがしました。

産まれる瞬間。
おお~!産まれた。肉体ってめっちゃ小さくて窮屈だわ(笑)でもちょこちょこ体を動かせるのってやっぱり面白いわ。そして、不自由だなあ(笑)
宇宙にいた時はどこへでもどの次元へもすぐに飛んで行けるのに、
「ご両親は秀君が生まれてどんな感じですか?」
「えっと、母はとっても喜んでいます。姉が生まれる前に空に戻っちゃったから余計ね。」

その次は歩行器で歩いている秀君。
先生「お父さんに何か伝えたいことある?」
突然胸がこみ上げて嗚咽してしまう。
そして、「言えないもん。言えないもん。」って言ってる。
「僕、お父さんと一緒に走りたかったんだ。でも、お父さん心臓悪いから
走ったら死んじゃうかもしれないから、走りたかったけど言えなかったんだよ」先生「お父さんは何て言ってますか?」
「今までは何か我慢してるの分かってたけど、何に我慢してるか分からなかったから、言ってくれてうれしいな。一緒に公園に行くことにします。ちょうど公園には少し年上のお兄さんがいて一緒に走ってくれるみたいです。秀君も喜んでます。」
先生「お父さんはずっと見ていてくれるんですか?」
「はい。ずっと見ています」
「いっぱい走ってとっても満足しています」
この後、プールにも連れて行ってもらった。父は見守ってくれて、ビキニのお姉さんが遊んでくれた。

そして、次のシーン。
「小学4年生の時、プールの授業で教室で着替えをしています。
初めて女の子に性的ななにかを感じてむずむずしています。
こんなの初めてで、でもなんかワクワクする感じがしてる。
そしたら、家に帰ってからでパジャマを汚してしまった。
お母さんから「どうしてパジャマが汚れてるの?」って言われた。
そうか、そうだったのか。初めての自慰を否定されたんだ。
しかも「パジャマを汚す」ということでそりゃあ罪悪感になるよね。お母さんは秀君が男の子になるのが嫌だったんだね。ずっと赤ちゃんのままでいて欲しかったんだ。
母「男の子とのことはわからないのよね。自慰なんて健全な成長に悪影響だし」
先生「お母さんを説得できそうですか?」
これ、無理です。とても性的成長をわかってもらえません。
先生「じゃあ、パジャマを自分で洗うことにしたら?洗濯機に自分で入れるの。
自分でパジャマを洗濯するってお母さんに言ったら、お母さんは何て言うかしら?」
ああ、喜んでいます。自分で洗濯機にパジャマ入れるの偉いねって言ってます。

先生「次はどこですか?」
今度は小学校6年生の教室です。
放課後、廊下で女の子のブルマに性的興奮を感じています。罪悪感。だって昼間に女の子に向かって「ブルマ貸して」って言ったら怒られるもん。
先生「いつ頃まで続いたんですか?」
中学3年生までですね。
先生「大人のTさんはこの出来事をどう思いますか?」
う~ん。この時は小学生だし、まあブルマを盗んだわけじゃなくてちょっと借りてみてまた元に戻しているし、このくらいの悪いことならやったって良いんじゃないですか?
先生「良いことですか~。う~ん、じゃあここで、天使ちゃんの意見を聞かせてもらえますか?」(以前にエンジェルセラピーを受けたことがあり、普段からエンジェルとの対話していることを先に話していたため)
急に頭の中が天使ちゃんモードになり、天使ちゃんの声が聞こえました。
天使「それは、小さいころにお母さんに十分に甘えられなかったからです。お母さんと一緒にいたかったことが、女の子の匂いなど執着することになったん
です。」

先生「お母さんに甘えられなくなった頃の秀君の様子を見に行きましょう」
それから、先生の誘導でお母さんに十分に甘えさせてもらえる自分をイメージしました。すると、心の中の秀君はスヤスヤと気持ちよさそうに眠りました。とても満足した気持ちになりました。

先生「じゃあ、さっきの小学校の教室に戻ってみましょうか?」
そうしたら、びっくりすることが起こりました。
さっきまであれほど執着してた女の子のブルマが、なんの変哲もない黒いパンツに思えました。性的興奮が全くなかった。ほんと、ただの黒いパンツでした(笑)
びっくりしました。気持ちが軽くなっちゃいました。

そして、一番最初の道に迷った時の秀君のところに戻ったら、その時も、またびっくりしました。小さい秀君は、迷っているけど、自信と確信に満ちたりた満足顔なんです。
秀君「ぼく、道は分かんないけど、もうすぐ分かるから待ってるんだ」
いやあ、すごいです。神さまとつながって守られていることの確信が持てたんです。

最後に元のリゾート地に戻りました。
先生「今の心の感じはどんな感じ?どんな色?」
焼きたてのパンがふくらんでるみたいに、やわらかくて温かくてふわふわで赤とオレンジが混ざったような色でとても幸せに満ちていました。
セラピーはここで終了。

セラピー後も今後の方針を先生がご指導くださいました。
1.パジャマを洗うときは「僕がパジャマ洗うから安心してね」と話しかけてあげましょう。
2.寝るときはお母さんが小さい秀君と一緒に寝てあげるから安心なことを思い出しましょう。
3.お父さんが見てくれている気持ちで走ってみましょう。
そして、「毎日ちびっ子秀君に話しかけてあげてね。
パンを見たら、心の中でも焼きたてのパンがふくらむの感じを思い出しましょう。」
などと、今後のことまで細やかにご指導いただきました。
ぬいぐるみはインナーチャイルドを想像するのに良いみたいで、買おうって思いました。

自分に対する自信を持つことがとっても大切であることを教えてくださいました。
先生「自分に根本的な自信があれば、性的な行為をしてる自分にも自信が出るんですよ」
この言葉が、今日の答えにございました。

先生の誘導がなければ不可能な体験であるにもかかわらず、
「私は何もしていないんです。ただあなたの潜在意識が勝手にやってくれるんですよ」
というご謙遜がとても印象に残りました。

自分の中への心の旅、っていう感じでした。
ありがとうございました。

以上です。
【2011/06/03 12:13】 | 個人セッション体験談 | page top↑
セックスに抵抗があった方からの体験談
ヒプノセラピーの感想をいただきましたので、

ここに掲載させていただきます。


Eriさん (39才・エステティシャン)より


私はSexに対して言いようのない抵抗感があり、それが主な原因で

パートナーとの関係にひびが入ってしまい、いつの間にか心も冷めていく

パターンを何度か繰り返していました。Sexなんかしなくたって

好きでいられる自信があるのに、何故・・・。パートナーからは、

「そういうおまえの考え方は歪んでいる」と言われて傷ついていました。

でも私にはどうしても言いだせない理由がありました。

幼い頃に痴漢にあった忌まわしい記憶が、忘れた頃にフラッシュバックし、

その時の記憶を大好きなはずのパートナーに重ねてしまうのです。

男なんてみんな汚い・・・。そんな思いが無意識のうちに深く

根付いていたのだと思います。

ロッキングチェアに揺られながら、ナンナさんのふんわりとした優しい声に

誘導されて、最初に見えたのは大好きな南太平洋の白い砂浜でした。

私にとって一番心地よいお気に入りの場所です。波打ち際で砂のお城を作る自分の

横には、誰も座っていないレスキュー用の小さな見はり台のようなものがありました。

この心地よい場所を覚えていてね・・・と言われた後は、どんどん幼い頃に

誘導され、あの忌まわしい痴漢に会った場面に入っていきます。

子供と大人両方の視点を持った自分が、催眠の中でもう一度その場面を体験します。

そこで気がついたことは、私は痴漢に会ったことそのものよりも、

痴漢に会うような自分自身をうしろめたく感じていたのだということ、

そして、痴漢されるのは自分に原因があるからなのだと思い込んでいたことでした。

汚らわしいのは自分なんだ・・・そんなふうに感じて、誰にも言えずに

胸にしまい込んでいた幼い自分「そんなことないよ!あなたは何も悪くないよ」

と言って抱きしめてあげたくなりました。

そして最後に、お気に入りの場所、あの海辺に帰っていきます。

最初に見た太陽の下のコバルトブルーの海が、いつしか夕暮れの海に変わっていました。

あの見はり台に、今度は誰か男の人が座っています。誰なのか顔は解らないけど、とても

良い感じの人みたいです。夕陽に包まれた海辺は黄金色に染まりはじめ、

金色の波が打ち寄せています。そしていつの間にか、見はり台に座っていた人が私の隣に居て、

二人で黄金の海を眺めているのでした。

今のあなたのオーラは何色ですか?と聞かれた時、隣に座った男の人と自分が溶け合うかのように

一つのシルエットとなり、二人のオーラも美しい一つの色に見えました。

その時確かに、「愛する人と結ばれることは美しいもの」という思いを強く感じました。

その見はり台の人が誰だったのかは解りません。かつてのパートナーかもしれないし、

これから出会う人かもしれないですね。ただ、催眠から冷めた後もありありと、その海辺の光景が

脳裏に焼き付いているのです。まるで現実に体験してきたかのように・・・。

このセッションを受けて約2週間が過ぎました。あまり意識はしていませんが、とても

気持ちがが軽くなっているのを感じています。もし今好きな人が目の前に居たら、

前よりずっと自然体で、素直に愛を受け入れることが出来るような気がします。

思い切ってセッションを受けて本当に良かったです。



Eriさん、素敵な体験談をありがとうございます。
【2010/03/11 10:47】 | 個人セッション体験談 | page top↑
| ホーム |